FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジニア

engineer(エンジニア) = 技術者

英和辞典で調べると、エンジニアの和訳は“技術者”と書かれています。
一般的には、機械・電気・土木・建築などの技術者、
科学上の専門的な技術をもち、それを役立たせることを職業とする人という意味です。

私はこの『エンジニア』という職業に深い思い入れがあります。

その話の前に、先日の2000年ノーベル化学賞受賞者・白川英樹氏の講演の続きです。

・・・・・・・・・

ノーベル賞のメダルの表側は、アルフレッド・ノーベルの横顔になっています。

ノーベルは遺言で前の年に人類に大きな貢献をした人にこの賞を与えるということで、
物理学賞、化学賞、生理・医学賞、それから文学賞、平和賞を創りました。

色々ないきさつがあったようで、実際には与えられたのは1901年からです。
そして、1902年にこのメダルが最初にデザインされたのだそうです。

裏側は意味の深いモチーフが描かれています。

2人の女神が描かれていて、1人は雲の上でベールをかぶった女神で、これは自然の女神です。

もう一人は科学の女神で、ベールを剥ぎ取ろうとしています。

自然を明らかにする行為が科学であるということなのだそうです。

化学賞、物理学賞は多分同じデザインが1902年から延々と続いているそうです。

白川氏はここで、科学と技術の違いについて述べました。

科学(science)とは、自然をより良く知ろうとする知的好奇心による探究の営みである。

技術(technology)とは、自然と共存するための知識を得る方法や手段である。


白川氏は、自身を科学者であると付け足しました。


・・・・・・・・・

白川氏は「科学と技術はきっちりと線引きされるべきだ」と主張しました。

科学者は「己の知的好奇心により、自然(それ以外の分野も含む)を探求する者」であり、
知的好奇心がモチベーションとなっています。
一方、技術者は「自然と共存するための知識をもち、それを役立たせる者」であり、
人・社会への貢献がモチベーションということになります。

注意すべき点は匠・熟練・職人はtechnicianであり、
ここで言う『技術者』とは若干違うということです。
現在の日本語において『技術』という言葉には、
匠・熟練・職人の業というニュアンスが含まれているように感じます。

私はその点を明確に区別するために、
「自然と共存するための知識をもち、それを役立たせる者」を『エンジニア』と呼びます。

エンジニアリング(工学)とは科学と技術を繋ぐ架け橋であり、
科学知識を、ある物を作り出したり、
ある事を実現させたりするための方法・システムへと変換することです。


したがって、
『エンジニア』とは「科学知識を、人や社会をより良くするための方法へと導く者」なのです。



私は『エンジニア』になりたい

科学知識を応用して、人や社会をより良くするための方法を実現できるエンジニアに
スポンサーサイト

プロセス・テクノロジー

以前、『Φ型人間』というブログで暗黙知と形式知について触れました。

今回は私がそのようなキャリアビジョンを持つひとつの『きっかけ』となったエピソードを記します。

タイトルの『プロセス・テクノロジー』(インクス流)株式会社インクスで研究開発されたものです。

この会社のことを知ったのは就職活動中でした。

「ベンチャーオブザイヤー2002未上場企業部門第1位」「日本イノベータ大賞優秀賞」を受賞、
代表取締役社長の山田眞次郎氏は総理大臣主催「ものづくり懇談会」委員を務めています。
私の知っている情報では携帯電話の金型製造シェアがトップクラスということと、
金型製造のコンサルティングを行っているということくらいでした。

しかし、「百聞は一見に如かず」まさに諺のとおりになりました。

従来45日かかっていた携帯電話の金型製作工程を設計から金型まで、
一気通貫でわずか45時間にまで短縮し、実に24倍の生産性を向上を実現した。


製造業の工程を爆発的に短縮するための技術が『プロセス・テクノロジー』なのです。

このプロセス・テクノロジーの核は「プロセスの本質と本質的短縮」の概念です。
これは、
実態の把握→
本当に意味のある部分の抽出→
無駄の排除(方法検討、実施)→
本質部分の本質的短縮

を極限まで突き詰めるということです。

工程作業分析では「設計」「加工」「成形」という工程から、
「見る」「手を動かす」「ものを取る」「持ってくる」…などのさらに細かい作業に分解して、
それらを積み上げることで理論的にどれだけの時間を要するのかを算出します。

これは作業だけの積み重ねですが、人間の脳の情報処理やマシンネットワークなどすべてを、
細かい『作業』に分解するという考え方が可能です。

プロセス・テクノロジーは、「人の判断」を基準として工程を細分化する際の単位を決定します。

ここでは、判断を「未知のパラメータを人間が設定する思考」と定義しています。
すなわち、既知のパラメータを使って設定できるような思考は、判断とは定義しません。

この定義のもと、工程を分類すると

(1)判断を伴う工程
 未定の事項(設計値など)を決定する工程
 工程上の「Go」と「No-Go」の判断を行う工程

(2)判断を伴わない工程
 与えられた情報をもとに、手順に従って行えば誰にでもできる工程


となります。


通常、ここまで工程を細分化し「判断」と「作業」にまで分解すると、
全工程の80%以上が作業工程(判断を伴わない工程)という位置づけとなるそうです。

そして、ここからがプロセス・テクノロジーの真髄であり、私が最も影響された部分です。

それは、現状の工程では作業担当者がその複雑な手順ゆえに
“自分が決定した”と思い込んでいる工程も、
実際には既知の情報やルールに従って計算すれば答えを求められるということです。


つまり、熟練者が暗黙知に基づいて多くの判断を行いながら実施している工程も、
非熟練者でも実施できる工程に置き換えられることができるのです。
熟練者がどのようなロジックで判断しているのか、
そこを明らかにすることでプログラム(形式知)を書くことが可能になります。


インクスでプロセス・テクノロジーを開発するにあたりこんなエピソードがあったそうです。

金型職人の『神業』を見て、聞いて、触って、計り、書き取り、徹底的な分析を行った。
すべての脳の判断、目の動き、手の動き、指の動き一つひとつを作業軸と時間軸に位置づけ、
それらの意味づけを行っていった。
職人が溝を掘る。
紙やすりを使ってそのスライドを指で丁寧に磨いていく。
「どうして磨いているんですか?」
「間にうまく入らないからだよ」
職人はスライドをしばらく磨き、溝にそのスライドを通す。
「よし、これでしっくりいった」
「『しっくり』って、何ですか?」
「ほら、こうして動かせるけど、下に向けても落ちないでしょう。
これが『しっくり』ということです」
「なるほど。じゃ、それ貸してくださいよ」
我々は、職人が削ったスライドと溝の隙間を計測した。3ミクロンである。
「じゃ、『しっくり』って3ミクロンなんですね」
こうして熟練の暗黙知は、少しずつ形式知へと知の形を変えていった。
『神業』はマニュアルとなり、技能は再現性のある技術に置き換えられた。
金型研究を開発して二年半がたったある日、
何の経験もない19歳の社員がそのマニュアルに従って実際に金型を作った。
すると、この道一筋の熟練工と同じ金型を、19歳の若者が作れてしまった。
本当に同じものができた。
「もうこれ以上、恥をかかせないでよ」
という言葉を最後に、熟練工はインクスを去った


金型製造の全工程で熟練者の判断が本当に必要な工程は10%だそうです。

インクスの会社説明会で、山田社長からこのエソードを直接聞いた私は

「つまり、どんなに突き詰めても熟練工の判断が10%は必要ということですね?」

と質問しました。

山田社長は意味ありげに含み笑いを浮かべ、こう言いました。

「10%は熟練工のプライドだ。
100%自動化できると言いきってしまったら、その職人の人生を否定してしまうことになるだろう?」


あのときの山田社長の言葉を、私は忘れることはないでしょう。

インクスのモットーは「目標は意思である」だそうです。

『神業』と呼ばれるブラックボックスを開けなければ、それを超えることはできない

技術に対して恐ろしいほど貪欲に、知識創造のプロセスを行っていく




TRIZ -アイデア発想-

TRIZツールの三つ目です。

(3) 問題解決のアルゴリズム
TRIZは固定観念に縛られないためのツールでもあります。
一見すると全然関係のない以下の2つの問題を挙げます。
この2つの問題はTRIZを使って抽象化すると同じモデルになり、
同様のテクニックで解決できるようになります。

[A] 果樹園で栽培しているオレンジがヒヒに食い荒らされた。

[B] 船のスクリューがキャビテーションで腐食した。

  (キャビテーションとはスクリューの周りに気泡が発生し、
   船の速度が上がりにくくなるとともに、スクリューが腐食する現象)

全く関連のない話ですが、「抽象化」することによって次のように捉えなおすことができます。

両問題とも2つの「物質(対象)」が存在し、
その間に有害な相互作用が働いているという点で共通しています。


[A]はヒヒがオレンジに対して有害な相互作用を働いているし、
[B]は水がスクリューに対して有害な相互作用を働いています。

この問題を考えるにはTRIZの問題解決の定石が役に立ちます。

その有害な作用をどのように取り除けばよいのか?

「既存の物質から派生(TRIZでは『変容』)した物質を導入する」
これがTRIZで使う定石の一つです。

例えば、水から変容する物質として、
水蒸気・氷や電気分解した水素・酸素、化学変化したイオン水などがあります。
オレンジの場合はオレンジジュースや冷凍オレンジ、
同じ柑橘類のレモン・グレープフルーツなども当てはまります。
有害な相互作用が働いている2つの物質のうちどちらを変容しても構わないでしょう。


[B]から先に考えてみます。
まず、スクリューがキャビテーションで腐食しないように表面処理する方法が考えられます。

では、もう一方の物質である水を変容させることは可能でしょうか。
海や湖の水を全てを変容させる必要はありません。

有害な相互作用が働いているスクリュー近辺の水だけを変容するための手段を考えると、
スクリューを冷却することでスクリュー表面の水を凍らせるというアイデアが浮上します。

スクリューの表面に氷の膜ができれば、
氷の膜がキャビテーションで腐食しても、その部分にすぐ氷の膜が再生されます。
薄い膜なので水力学的な悪影響は小さく、船の性能を落とすことはありません。

この解決法を[A]にも当てはめてみます。
ヒヒを変容するのは難しい(捕まえられるくらいなら苦労しないでしょう)ので、
オレンジを変容することを考えます。

ヒヒに食い荒らされないようにオレンジの色や形、匂いや味を変容することが考えられますが、
手間がかかるし売り物にならなくなってしまいます。
偽のオレンジやまずいオレンジの木をダミーで植える方法も考えられますが、
付加価値のない余分な出費となってしまいます。

実際に南アフリカ共和国の農園で解決した方法は、
オレンジの木の周囲にごく一般的なレモンの木を植えるという方法でした。
ヒヒはレモンを食べたが、「まずい」と感じたらしく、それ以降は近寄らなくなったそうです。


TRIZで複雑な課題を構成する本質的な問題を抽出すれば、
定石を用いて解決策を導くことが可能となります。

それを現実の問題に応用することで、科学的で合理性のある解に、効率よくたどりつけるのです。

他にもTRIZのツールには
・SLP(スマート・リトル・ピープル)
・Effects(イフェクツ)
・ARIZ(アリーズ)
 ……

など沢山あります。
機会があれば紹介したいと思います。

概要の最後に述べたようにTRIZは「問題解決」のためのツールです。

開発・研究において、「目的」が見失われてしまうことが多々あります。
S字曲線を利用して、進化を予測することが「目的」ではありません。
無理にフレームに当てはめる必要はないのです。

素晴らしい理論やアイデアほど『執着』したくなってしまうものです。

「目的」を達成するためにツールを利用しているということを忘れないようにしなければいけません。

ツールやマニュアルを使うのは「楽」をするためではありません。
創造的な思考をする必要がなくなったところをツールにしたのです。


「楽」になった分、新しいところでさらに創造的な思考をする必要があるのです。
プロフィール

KOU.

  • Author:KOU.
  • 1981年生
    高等専門学校、大学院にて機械力学・制御工学を基礎とした振動制御に関する研究を行う。

    2006年
    某人材紹介会社入社
    エンジニアの転職サポートを志し、人事から求人ニーズをヒアリングする企業担当を経験。
    自動車、家電、半導体、精密・計測器、化学業界、総合商社など各企業の人事から採用ニーズを直接伺ってきた経験を活かし、第二新卒からエグゼクティブ層まで、これまでに1000人以上のビジネスパーソンに対してキャリアカウンセリングを行っている。

    [KeyWord]
    人材ビジネス/人材紹介/経営/人材開発/組織論/人事/CHO/HR/キャリアディベロップメント/カウンセリング/コーチング/MBA/MOT/技術経営
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。