FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖國神社

20050802165103
靖國神社に立ち寄りました。
参拝はまだしていません。

私は日本人として、日本の歴史を知らな過ぎます。

何故、中国政府は首相の靖國神社参拝を反対するのか?

A級戦犯を分祇すべきか否か?

もっと考察する必要があると思い、今回は参拝を見送りました。

まず、中国の胡錦涛(こ きんとう)国家主席が小泉首相の靖國神社参拝を非難していることに対して、
表向きは第2次世界大戦での戦犯・戦争指導者を肯定する行為を批判しているという見解が一般的です。

しかし実際は、「歴史認識カード」として、政治的に自国の優位性を正当化するために利用しているのです。

つまり、「日本のA級戦犯は悪い。それを参拝するのはけしからん。参拝を中止するか、戦犯を分祀しろ。」
というのは建前で、中国人民の反日感情を煽り、中国政府の政策を強行に推し進めるために、
靖國神社参拝を利用しているだけです。

次に、A級戦犯の分祀について考えます。
その前にA級戦犯とはどんな人たちなのでしょうか?
東条英機元首相を筆頭とする「平和に対する罪」を言い渡された人たちです。
A級戦犯は最も罪の重い人という意味ではありません。
A,B,Cの区別はランク付けではなく、
GHQが戦犯を選定するために用いた便宜的な犯罪のカテゴリーを示しています。

Aは「平和に対する罪」、Bは「(通常の)戦争犯罪」、Cは「人道に対する罪)」とされています。

ここで、注目したいのは戦犯が戦争に勝利した連合国側が裁判を運用していた点です。

敗者が勝者の論理で裁かれたのです。

この状況で公平な裁判を行うこと自体無理なのです。
この点については、国内外の多くの識者が問題に挙げています。

つまりは「日本が悪いのではなく戦犯が悪かったのだ」ということにして、
日本人を正当化するという甘い蜜を用いて、連合国は日本人の牙を抜いたのです。

そして、多くの日本人は「昔の日本が悪かった」と思うようになったのです。

私は戦争に賛成しているわけではありません。
また、戦犯を肯定するつもりもありません。

だからといって、靖國神社の参拝をやめればいいという考えは、知的怠惰であり、責任逃れだと思います。

「戦犯が悪かったんだから、靖國神社を参拝しない」というのは、『反省』ではなく『無責任』です。
戦犯に罪を押し付けて、自分は関係ないというようなものです。
これで、靖國問題を終わらせようというのは虫が良すぎます。

私は、いつか靖國神社に参拝しようと思います。

それは、日本の歴史に正面から対峙するということだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おひさし。mixiってなに?まぁ調べて見ます。暑いから気をつけてね

語るねぇ~

BLOGやってのかと思って来て見たら…
すごいいろいろ考えてんのね

パパキャラなんで

頭良さそうでしょ?
パパだから新聞読んでます。
もちろん、四コマ漫画とテレビ欄以外も。
プロフィール

KOU.

  • Author:KOU.
  • 1981年生
    高等専門学校、大学院にて機械力学・制御工学を基礎とした振動制御に関する研究を行う。

    2006年
    某人材紹介会社入社
    エンジニアの転職サポートを志し、人事から求人ニーズをヒアリングする企業担当を経験。
    自動車、家電、半導体、精密・計測器、化学業界、総合商社など各企業の人事から採用ニーズを直接伺ってきた経験を活かし、第二新卒からエグゼクティブ層まで、これまでに1000人以上のビジネスパーソンに対してキャリアカウンセリングを行っている。

    [KeyWord]
    人材ビジネス/人材紹介/経営/人材開発/組織論/人事/CHO/HR/キャリアディベロップメント/カウンセリング/コーチング/MBA/MOT/技術経営
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。