スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRIZ -アイデア発想-

TRIZツールの三つ目です。

(3) 問題解決のアルゴリズム
TRIZは固定観念に縛られないためのツールでもあります。
一見すると全然関係のない以下の2つの問題を挙げます。
この2つの問題はTRIZを使って抽象化すると同じモデルになり、
同様のテクニックで解決できるようになります。

[A] 果樹園で栽培しているオレンジがヒヒに食い荒らされた。

[B] 船のスクリューがキャビテーションで腐食した。

  (キャビテーションとはスクリューの周りに気泡が発生し、
   船の速度が上がりにくくなるとともに、スクリューが腐食する現象)

全く関連のない話ですが、「抽象化」することによって次のように捉えなおすことができます。

両問題とも2つの「物質(対象)」が存在し、
その間に有害な相互作用が働いているという点で共通しています。


[A]はヒヒがオレンジに対して有害な相互作用を働いているし、
[B]は水がスクリューに対して有害な相互作用を働いています。

この問題を考えるにはTRIZの問題解決の定石が役に立ちます。

その有害な作用をどのように取り除けばよいのか?

「既存の物質から派生(TRIZでは『変容』)した物質を導入する」
これがTRIZで使う定石の一つです。

例えば、水から変容する物質として、
水蒸気・氷や電気分解した水素・酸素、化学変化したイオン水などがあります。
オレンジの場合はオレンジジュースや冷凍オレンジ、
同じ柑橘類のレモン・グレープフルーツなども当てはまります。
有害な相互作用が働いている2つの物質のうちどちらを変容しても構わないでしょう。


[B]から先に考えてみます。
まず、スクリューがキャビテーションで腐食しないように表面処理する方法が考えられます。

では、もう一方の物質である水を変容させることは可能でしょうか。
海や湖の水を全てを変容させる必要はありません。

有害な相互作用が働いているスクリュー近辺の水だけを変容するための手段を考えると、
スクリューを冷却することでスクリュー表面の水を凍らせるというアイデアが浮上します。

スクリューの表面に氷の膜ができれば、
氷の膜がキャビテーションで腐食しても、その部分にすぐ氷の膜が再生されます。
薄い膜なので水力学的な悪影響は小さく、船の性能を落とすことはありません。

この解決法を[A]にも当てはめてみます。
ヒヒを変容するのは難しい(捕まえられるくらいなら苦労しないでしょう)ので、
オレンジを変容することを考えます。

ヒヒに食い荒らされないようにオレンジの色や形、匂いや味を変容することが考えられますが、
手間がかかるし売り物にならなくなってしまいます。
偽のオレンジやまずいオレンジの木をダミーで植える方法も考えられますが、
付加価値のない余分な出費となってしまいます。

実際に南アフリカ共和国の農園で解決した方法は、
オレンジの木の周囲にごく一般的なレモンの木を植えるという方法でした。
ヒヒはレモンを食べたが、「まずい」と感じたらしく、それ以降は近寄らなくなったそうです。


TRIZで複雑な課題を構成する本質的な問題を抽出すれば、
定石を用いて解決策を導くことが可能となります。

それを現実の問題に応用することで、科学的で合理性のある解に、効率よくたどりつけるのです。

他にもTRIZのツールには
・SLP(スマート・リトル・ピープル)
・Effects(イフェクツ)
・ARIZ(アリーズ)
 ……

など沢山あります。
機会があれば紹介したいと思います。

概要の最後に述べたようにTRIZは「問題解決」のためのツールです。

開発・研究において、「目的」が見失われてしまうことが多々あります。
S字曲線を利用して、進化を予測することが「目的」ではありません。
無理にフレームに当てはめる必要はないのです。

素晴らしい理論やアイデアほど『執着』したくなってしまうものです。

「目的」を達成するためにツールを利用しているということを忘れないようにしなければいけません。

ツールやマニュアルを使うのは「楽」をするためではありません。
創造的な思考をする必要がなくなったところをツールにしたのです。


「楽」になった分、新しいところでさらに創造的な思考をする必要があるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いや、ホントに、驚いた!

YOU さん、こんにちは!
今日は、驚いたブログにぶち当たりました。

何が驚いたのかって、
①TRIZについてよく勉強していること!
②私のブログタイトルと、コンセプトにおいてそっくり!
だからですよ。

こんなに知的好奇心が旺盛な人に是非会ってみたいと思いましたよ!これからも頑張ってくださいね。

それと、ブログのタイトル、どうしよう・・・。
ここまでコンセプトが被ってちゃ面白くないし、でも私の方が後発だから、ここは変更を考えよう!(でも、本当に似てます・・よ。)

コメントありがとうございます。

偶然とタイミングの不可思議に驚きました!
およばずながらTRIZについて書かせていただきました。

kuwaharaさんには是非、当初のコンセプトを変更せずにブログを書いて頂きたいです。

世界中のブログをサーベイしたわけではありませんが、コンセプトが100%一致しているものは無いと思います(たぶん)。

『コンセプトが似ていた2つのブログが、今後どのような変化をしていくのか?』

とても興味深いです。

お互いにブログ頑張りましょう!
プロフィール

KOU.

  • Author:KOU.
  • 1981年生
    高等専門学校、大学院にて機械力学・制御工学を基礎とした振動制御に関する研究を行う。

    2006年
    某人材紹介会社入社
    エンジニアの転職サポートを志し、人事から求人ニーズをヒアリングする企業担当を経験。
    自動車、家電、半導体、精密・計測器、化学業界、総合商社など各企業の人事から採用ニーズを直接伺ってきた経験を活かし、第二新卒からエグゼクティブ層まで、これまでに1000人以上のビジネスパーソンに対してキャリアカウンセリングを行っている。

    [KeyWord]
    人材ビジネス/人材紹介/経営/人材開発/組織論/人事/CHO/HR/キャリアディベロップメント/カウンセリング/コーチング/MBA/MOT/技術経営
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。