スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Φ型人間

何故、ヒューマンキャピタル(人的資本)や人事制度についての話をするのか?

なぜなら私は来年から、いわゆる『人材業界』で仕事をするつもりだからです。
そこで、今日は私のキャリア観についての話です。

「私はつねづね、《T型人間》を目指せといってきた。
これは、幅広い知識や経験を持つ(Tの横棒の部分)ゼネラリストであると同時に、
何か1つ専門分野を持っている(Tの縦棒の部分)の人間のことを指す、私の造語だ。
さらにいえば、ゼネラリストでありながら、専門分野を2つ持っている《Π型人間》が望ましい。」


T型、Π(パイ)型の人間像の解説です。


大前研一氏「ドットコム仕事術」からの引用です。

「1つの分野のエキスパートはI型、
ゼネラリストであると同時に、何か1つ専門分野を持っているの人間はT型
さらにゼネラリストでありながら、専門分野を2つ持っているΠ型人間を目指せ」

様々な業界でよく言われるキャリア観だと思います。
昨今は大学・高専でも他専攻(自分の専門外分野)の講義を受講するのが当たり前になりました。

1つの商品(製品)が複数分野の技術によって生み出されることから、
横断的な知識・スキルが必要だということは自明です。

しかし、本当にΠ型のキャリアを形成することは可能なのでしょうか?

普通に考えたら、複数の専門性を追求することには無理があります。
1つの分野に注いでいる力を複数に分配したら、

I⇒T⇒π≠Π

となるのが当然です。

専門性(エキスパティーズ)の数が価値を生むのではありません。

本来は専門性の『高さ』が価値を提供するのです。


そこで私は自分の目指すキャリアビジョンを考えました。
それは、『Φ型人間』です。

Φ(ファイ)型人間とは「複数の専門分野を統合し、ある分野に応用できる人間」です。

Φの○の部分は一連の知識創造のプロセスを表します。
知識の創造とは、
「暗黙知を豊かにしつつ、形式知化し、それらを組み合わせ、
実践に結びつけることで、再び新たな暗黙知を形成する」
というサイクル(循環過程)を繰り返すことです。


ここでいう暗黙知は、知っていても言葉にはできない経験的、身体的なアナログの知です。
言葉や文章で表すことの難しい、思い(信念)、視点、熟練、ノウハウなどです。
そして形式知は、その暗黙知を言葉や体系にした、デジタルで共有可能な知です。
アナログな知識とデジタルな知識とも言えます。

この知識創造のプロセスを適用し、複数の分野を統合することによって、
ΦのIの分野へと応用できる人間が私の考えるΦ型人間です。


これが私の目指すキャリアビジョンです。

実現するは何年後になるでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KOU.

  • Author:KOU.
  • 1981年生
    高等専門学校、大学院にて機械力学・制御工学を基礎とした振動制御に関する研究を行う。

    2006年
    某人材紹介会社入社
    エンジニアの転職サポートを志し、人事から求人ニーズをヒアリングする企業担当を経験。
    自動車、家電、半導体、精密・計測器、化学業界、総合商社など各企業の人事から採用ニーズを直接伺ってきた経験を活かし、第二新卒からエグゼクティブ層まで、これまでに1000人以上のビジネスパーソンに対してキャリアカウンセリングを行っている。

    [KeyWord]
    人材ビジネス/人材紹介/経営/人材開発/組織論/人事/CHO/HR/キャリアディベロップメント/カウンセリング/コーチング/MBA/MOT/技術経営
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。