スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

decision

「今日の昼食はどうしよう?」

なんてことを考えながら、先日読んだ本を紹介します。



「『決める』ということは、次の時点で起こり得るか、起こすかする選択肢がいくつかあるとき、次の時点でそのことが生じる蓋然性(あることが実際に起こるか否かの確実さの度合い。確立)を考え、それまでの選択肢のそれぞれに割り当てられていた蓋然性を一つだけ残してあとはゼロにし、ただ一つの選択肢の蓋然性を1(100%)にすることである。」

『決定学の法則』(畑村洋太郎著) より


『失敗学』の提唱者であり、東京大学名誉教授の畑村洋太郎氏の著書です。

失敗、つまり見えている結果から結果に至る道筋を探っていく『失敗学』は、
時間を逆戻りさせる「逆演算」の考え方です。

そして、物事を決める道筋、「順演算」の考え方である『決定学』は、
失敗学の対となる考え方です。

決定の種類には以下の3つがあります。

(1)単純決定 もともと選択肢が一つしかなく、「やる」か「やらないか」のどちらかを決断するもの。

(2)単純選択 一つの結節点に集まっている選択肢のうち一つだけを選ぶもの。

(3)構造選択 多くの結節点があり、それぞれの結節点に複数の選択肢があって、
          一つの結節点ごとに一つずつの選択肢を選び、
          全体として一つの道筋の構造を定めてゆくものです。



(1)は「Go」or「No-Go」の決断です。
例えば、昼食を「食べる」か「食べない」を決めることです。

(2)はいくつかの選択肢の中から一つを選ぶことです。
例えば、「昼食に何を食べるか?」がこれにあたります。
「オムライス」か「ラーメン」か「カレー」か・・・を選択することです。

(3)は少し複雑ですが、要は「昼食に何を、何処で食べるか?」を定めてゆくことです。
昼食を「A食堂」で「ラーメン」の「しょうゆ味」を食べるというように選択してゆくことです。

通常、『決定』には、この3つは複合して含まれています。


「なんとなく」

やっていることにも、ある制約条件の下で、こうした『決定』を行っているのです。

私はこの中で、(1)が一番重要だと思っています。

なぜなら、「やる」か「やらない」の決断に時間がかかるということは、
著しく生産性に影響を与えるからです。


選択肢のメリット・デメリットを考えたり、最適な計画を練ったりすることには意味があります。

しかし、「やる」か「やらない」を迷うことに意味はありません。

「失敗したらどうしよう」

「やらなきゃいけないけど、面倒だな」


ということをいくら考えていても、物事は何も良くなりませんし、進展もしません。

確かに時間の経過でしか解決できない問題はありますが、
そのときにはきっぱり「やらない」と決断すべきです。

成功と失敗を分ける一つ要素は、この「決断」のスピードといっても過言ではありません。

そして、「決断」のスピード以上に重要なのは『責任』です。

「決断」をするのは自分です。その結果の『責任』を負うのは当然です。

成功と失敗を分けるもう一つの要素は、『責任』です。

「結果がうまくいったかどうか」ではなく、失敗してもそれを自分の責任だと認め、
「後悔」ではなく、「省察」することで、次の結果に繋げることができます。


逆に、他人に責任を押し付ける人は、自分の失敗を認めず、また同じ失敗を繰り返すでしょう。

日々の『決断』と、その結果を受け入れる『責任』、
そして次に繋げる『省察』が自己の成長となるのです。



だから、私は後悔していません。

ブログを書くために、昼食を「食べない」と決断したことを・・・(泣)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KOU.

  • Author:KOU.
  • 1981年生
    高等専門学校、大学院にて機械力学・制御工学を基礎とした振動制御に関する研究を行う。

    2006年
    某人材紹介会社入社
    エンジニアの転職サポートを志し、人事から求人ニーズをヒアリングする企業担当を経験。
    自動車、家電、半導体、精密・計測器、化学業界、総合商社など各企業の人事から採用ニーズを直接伺ってきた経験を活かし、第二新卒からエグゼクティブ層まで、これまでに1000人以上のビジネスパーソンに対してキャリアカウンセリングを行っている。

    [KeyWord]
    人材ビジネス/人材紹介/経営/人材開発/組織論/人事/CHO/HR/キャリアディベロップメント/カウンセリング/コーチング/MBA/MOT/技術経営
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。