FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジニア

engineer(エンジニア) = 技術者

英和辞典で調べると、エンジニアの和訳は“技術者”と書かれています。
一般的には、機械・電気・土木・建築などの技術者、
科学上の専門的な技術をもち、それを役立たせることを職業とする人という意味です。

私はこの『エンジニア』という職業に深い思い入れがあります。

その話の前に、先日の2000年ノーベル化学賞受賞者・白川英樹氏の講演の続きです。

・・・・・・・・・

ノーベル賞のメダルの表側は、アルフレッド・ノーベルの横顔になっています。

ノーベルは遺言で前の年に人類に大きな貢献をした人にこの賞を与えるということで、
物理学賞、化学賞、生理・医学賞、それから文学賞、平和賞を創りました。

色々ないきさつがあったようで、実際には与えられたのは1901年からです。
そして、1902年にこのメダルが最初にデザインされたのだそうです。

裏側は意味の深いモチーフが描かれています。

2人の女神が描かれていて、1人は雲の上でベールをかぶった女神で、これは自然の女神です。

もう一人は科学の女神で、ベールを剥ぎ取ろうとしています。

自然を明らかにする行為が科学であるということなのだそうです。

化学賞、物理学賞は多分同じデザインが1902年から延々と続いているそうです。

白川氏はここで、科学と技術の違いについて述べました。

科学(science)とは、自然をより良く知ろうとする知的好奇心による探究の営みである。

技術(technology)とは、自然と共存するための知識を得る方法や手段である。


白川氏は、自身を科学者であると付け足しました。


・・・・・・・・・

白川氏は「科学と技術はきっちりと線引きされるべきだ」と主張しました。

科学者は「己の知的好奇心により、自然(それ以外の分野も含む)を探求する者」であり、
知的好奇心がモチベーションとなっています。
一方、技術者は「自然と共存するための知識をもち、それを役立たせる者」であり、
人・社会への貢献がモチベーションということになります。

注意すべき点は匠・熟練・職人はtechnicianであり、
ここで言う『技術者』とは若干違うということです。
現在の日本語において『技術』という言葉には、
匠・熟練・職人の業というニュアンスが含まれているように感じます。

私はその点を明確に区別するために、
「自然と共存するための知識をもち、それを役立たせる者」を『エンジニア』と呼びます。

エンジニアリング(工学)とは科学と技術を繋ぐ架け橋であり、
科学知識を、ある物を作り出したり、
ある事を実現させたりするための方法・システムへと変換することです。


したがって、
『エンジニア』とは「科学知識を、人や社会をより良くするための方法へと導く者」なのです。



私は『エンジニア』になりたい

科学知識を応用して、人や社会をより良くするための方法を実現できるエンジニアに
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KOU.

  • Author:KOU.
  • 1981年生
    高等専門学校、大学院にて機械力学・制御工学を基礎とした振動制御に関する研究を行う。

    2006年
    某人材紹介会社入社
    エンジニアの転職サポートを志し、人事から求人ニーズをヒアリングする企業担当を経験。
    自動車、家電、半導体、精密・計測器、化学業界、総合商社など各企業の人事から採用ニーズを直接伺ってきた経験を活かし、第二新卒からエグゼクティブ層まで、これまでに1000人以上のビジネスパーソンに対してキャリアカウンセリングを行っている。

    [KeyWord]
    人材ビジネス/人材紹介/経営/人材開発/組織論/人事/CHO/HR/キャリアディベロップメント/カウンセリング/コーチング/MBA/MOT/技術経営
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。